Activity 活動内容・実績

2HJの活動レポート

「誰かのためのお買い物」プロジェクトの実施店舗を拡大 7月8日より、西友様の東京・神奈川の19店舗で新たに開始

  • 100000PJ

2021/7/8

00セカンドハーベスト・ジャパンを2009年より継続的にサポートいただいている西友様と2hjが協働で、食品寄付を呼び掛ける「誰かのためのお買い物」プロジェクトが、東京都と神奈川県の19店舗で7月8日(木)より新たに開始いたします。これにより、同プロジェクト開催店舗は合計で24店舗となります。

「誰かのためのお買い物」プロジェクトでは、2020年10月の開始時から2021年5月末までの間、約2,500点の商品をお預かりしています。今回、「誰かの役に立ちたい」という思いを持つ西友のお客様や従業員の皆さまと一緒に、さらに地域貢献活動を強化したいとの思いから、実施店舗を拡大することになりました。

本プロジェクトは、従来型の余剰食品等を寄付するフードドライブとは異なり、お客様が“誰か”を思って西友店舗で購入した食品を店内に設置する専用ボックスに入れていただくことで、支援を必要とする“誰か”に簡単に贈り物ができるという新たな形の寄付活動です。西友の従業員の皆さまも、店頭の専用ボックスおよび楽天西友ネットスーパーを通じて本寄付活動に参加しています。

寄付食品は、西友様の自社サプライチェーンを活用して各店舗から一旦集約された後、2hjに提供され、そこから2hjが食の支援を必要としている団体や個人へ無償で再配布します。また西友様は、お客様および従業員の皆様からお預かりした食品の合計相当額に対し、同額のマッチング寄付を実施してくださっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

https://www.seiyu.co.jp/company/pressrelease/2146d26d0b2fba5f35b17f0293018238.pdf

  • facebook
  • twitter
  • second harvest asia
東京2020:10万人プロジェクト