How to support 支援の方法

法人として食品寄贈をご検討の方へ

まだ充分美味しく食べられるのに、様々な理由で販売できなくなってしまった・・・。そんな食品はありませんか?
食品製造者、販売者、小売店、農業法人、その他関連企業の方は、寄贈の手順をご確認のうえお問合せ下さい。
問い合わせ先:food@2hj.org

初めてご寄贈をご検討の方は、必ず注意事項をお読みください


食品寄贈にあたっての注意事項(防災品以外)

寄贈をご検討の際は、以下の注意事項をご確認(頂き、ご納得)の上、下記寄贈の手順に従ってご連絡下さい。

1.食品の期限

●賞味期限が過ぎた食品は受け入れられません。原則、三カ月以上賞味期限の残った食品を受け入れております。
 ただし、食品の品目、物量によって多少異なります。詳しくは 寄贈申込書にご記入の上メールでお問合せ頂いたのち、検討いたします。

2.食品の種類

●レトルトや缶詰のおかず等の副菜類、生鮮野菜・果物(状態の良いもの)、冷蔵・冷凍食品等を主に受け入れております。
 その他の食品について詳しくはご相談ください。

3.寄贈量

●一箱から承っております。少量、バラ製品でも受取可能です。
●一度に寄贈できる最大数量につきましては、食品の種類や受け渡し時期によって異なります。詳しくはお問合せ下さい。

4.寄贈方法(寄贈場所および寄贈費用)

●寄贈は、当方指定の場所に寄贈者様負担にてお送り頂きます。
●寄贈場所は、通常、東京都もしくは埼玉県内の倉庫となります。食品の種類や物量等の条件によって異なることがあります。
 具体的には、常温品の場合およそ50箱未満であれば東京都(浅草橋)へバラ積にて、50箱[1パレット]以上であれば
 埼玉県(八潮市)へパレット積での納品となります。ただし、箱の大きさ・重量により50箱未満であっても埼玉県となる事もあります。
 冷蔵・冷凍食品についてはその都度お問い合わせ下さい。
 また、貴社での食品保管場所が関東圏外等の遠距離の場合は、食品保管場所近くにある他連携フードバンク団体の所在地への寄贈も
 当方を通じて照会可能です。
  ≫連携フードバンク団体 所在地:   http://foodbanking.or.jp/members/
●寄贈品の受け渡しにかかる輸送費は原則としてご負担頂きます。
●当方による食品の引取は行っておりません。
●社用車等での直接持ち込みにつきましては、事前の場所および日時の調整が必要になります。
●パレットを用いた寄贈につきましては、パレットの材質、形状等に制限がございますので詳しくはお問合せ下さい。

5.寄贈品の配布先

●ご寄贈頂いた食品は最終的に児童養護施設や母子支援施設、障がい者施設等の福祉施設や団体、及び
 生活困窮者個人等へ提供します。

6.その他

●受領書の発行をご希望の方はその旨お申し出頂ければ発行いたします。


寄贈の手順

  • 1 商品の確認

    [寄贈者様から2HJへ]

    寄贈申込書へ必要事項をご記入の上、メールでお送りください。 ただし、この申込書のご提出により寄贈が確定するわけではありません。 受入の可否を検討するために必要な情報です。

    寄贈申込書の
    ダウンロードはこちら
    寄贈申込書
    送付先メールアドレス:
    food@2hj.org

  • 2 合意書の締結

    [2HJから寄贈者様へ]

    食品の取り扱いに関する合意書を締結します。 双方代表者の署名、捺印後一部ずつ保管します。

    合意書ダウンロードはこちら
    合意書

  • 3 食品の受け取り

    [寄贈者様から2HJへ]

    食品の受け渡しは、当団体の倉庫への配送となります。
    通常は東京都もしくは埼玉県内の倉庫を指定しております。
    詳しくは寄贈申込書を確認してから調整いたします。

  • 4 各施設に再配布

    [2HJから各施設等へ]

    寄贈された食品は、児童養護施設や母子支援施設等の福祉施設・団体及び生活困窮者個人へ配布します。

ご不明な点がございましたら、<food@2hj.org> へお問い合わせください。

防災備蓄品の寄贈を検討中の企業の方

会社で備蓄している防災食品の買い替えの際、どうされていますか?
まだ賞味期限の残った防災食品の活用にお困りの企業の方は、こちらから寄贈手順の詳細をご確認のうえ、お問合せ下さい。

防災備蓄品の寄贈を検討中の企業の方

その他の支援を検討中の企業の方

食品の寄贈以外でセカンドハーベスト・ジャパンの活動をご支援くださいませんか。
今までにも次のようなご支援を多数の企業様からご提供いただきました。

  • ●備品や機材の寄贈
  • ●物流や倉庫などの提供による支援
  • ●安全運転や食品衛生に関するノウハウ提供による支援

これらについて、企業として協力のページから詳しい内容がご覧いただけます。

その他の支援を検討中の企業の方

食品関連企業様以外で食品を集める方法として、『フードドライブ』の実施を勧めております。
CSR活動の一環としてフードドライブを実施してみませんか。こちらから詳細がご覧いただけます。

もっと詳しくフードドライブ

個人として食品寄贈をご検討の方へ

個人の方からの食料品のご寄付も受け付けております。特に以下のような食料品を必要としています。

個人として寄付される方

  • ★缶詰 特に野菜や魚の缶詰はとても喜ばれます
  • フリーズドライ食品
  • インスタント食品、レトルト食品
  • ギフトパック(お歳暮、お中元等、贈答品の余剰等)
  • 調味料各種
  • 飲料(ジュース、コーヒー、紅茶等)
  • お米、パスタ

『フードドライブ』という方法で職場や学校、ご近所の皆さんと一緒に食品を集める
イベントを実施しませんか。実施までの案内を用意しております。詳しくはこちらからどうぞ。

もっと詳しくフードドライブ

個人として食品を寄付するにあたって お願い

  • ●恐れ入りますが送料は送り主様でのご負担をお願いしております。着払いの場合は受取をお断りさせていただいております。
  • ●ご発送の際は月曜〜金曜のいずれか平日の午前中の到着指定をお願いします。(土日祝の到着はご遠慮下さい)
  • ●よくある質問集を こちら にまとめています。お問い合わせの前にご確認ください。

ご寄贈いただける場合は、こちらまで宅配便等でお送りください。

【送り先】
セカンドハーベスト・ジャパン宛
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-1水田ビル1F
電話:03-5822-5371

現在、寄贈品が増えているため、いただいた寄付食品へのお礼状は割愛させていただきます。
また寄付食品が届いたかどうかの問合わせについては、宅配業者様へご確認いただきますようご協力お願いいたします。

ご不明な点がある場合

よくある質問集を こちら にまとめています。お問い合わせの前にご確認ください。

その他、詳しくはお問い合わせフォームからご連絡ください

お問い合わせフォーム

  • facebook
  • twitter
  • second harvest asia
東京2020:10万人プロジェクト