SECOND HARVEST セカンドハーベスト ジャパン

2HJは2018年4月11日に認定NPO法人となりました!

2HJは2018年4月11日に認定NPO法人となりました!

この度、セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)は皆さまの支援のもとに
2018年4月11日付、東京都より認定NPO法人の資格を取得いたしました。
これも皆さまの温かいご支援とご協力を頂いた結果と、この場を借りて厚く御礼を申し上げます。

2HJ設立以来16年間様々な形で当団体の活動を支えて来ていただきました。大変ありがとうございました。 

当団体ではこれからも “東京2020:10万人に食べ物を“を10万人プロジェクトとして、
フードセーフティーネットの構築、ピックアップ拠点の増設等々活動してゆく所存です。
様々な理由で必要な食べ物が手に入らない方々へ、生活を支えるのに必要な食べ物を渡すことが出来る機会・場所を作る為、
皆さまの引き続きのご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

スタッフ・正会員・理事会

認定NPOとNPOの違い、また寄付者のメリット

認定NPO法人とは、ある一定の条件を満たした公益性の有るNPO法人に対して、
税制上の優遇措置を受けられるよう所轄庁が認定をする制度です。
税制の優遇は認定された法人並びに寄付をしてくださった方々に適用されます。

2018年(平成30年)度は4月11日から12月31日にご寄付をいただいた方が対象です。
2019年(平成31年)度からは1月1日から12月31日の期間になります。

参考外部リンク(内閣府webサイト)

認定NPO法人制度について 寄付金控除などの手続きの詳細

☆ 支援者(個人寄付者)が寄付した場合

個人の寄付者は寄附金控除が受けられます。認定NPO法人への寄付金は確定申告を行う事で寄附金控除がうけられます。
”所得控除“又は”税額控除“いずれか有利な方を選択する事ができます。尚、年末調整では申告できません。

控除を受けるには2HJからの領収証が必要です。また、この書類には寄付者の住所・氏名が必要になりますのでご注意ください。

参考

☆ 法人が認定NPOに寄付した場合

損金算入限度額の枠が一般寄附金の損金算入額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入できます。

☆ 相続人が認定NPOに寄付した場合

寄付した相続財産が非課税になります。課税対象額は残りの金額になります。
尚、土地・不動産等は扱いが異なる場合があります。詳しくはお近くの税務署にお問合せください。

☆ 領収証の発行について

寄附金控除の税制優遇措置を受けるためには、前記のとおり領収証が必要になります。

  • ●領収証の発行は原則として年一回の発行となります。毎年12月31日締、翌1月下旬から2月上旬に発行郵送いたします。
      (メールでご希望の方はメールアドレスをお知らせください。)
  • ●都度発行・送付をご希望の方は2HJ迄お知らせください。出来る限り対応させていただきます。
  • ●匿名・連盟でご寄付をいただきました場合は発行できませんのでご了解ください。

確定申告等の詳しい手続きについては、最寄りの税務署へお問い合わせください。

皆さまの引き続きのご支援、よろしくお願いいたします。
私たち職員一同、これからも頑張ります。

Food for all people すべての人に、食べ物を。

寄付する