Activity 活動内容・実績

ボランティアストーリー

ボランティア・インタビューその9 – 「授業がきっかけ 多くの出会い」

2012/4/12

ボランティアインタビュー第9回は、炊き出し活動を手伝ってくれている大学生の嵯峨根さんと白水さんお二人をジョン・ウッドさんにインタビューしてもらいました。

image
写真:白水さん

まずは自己紹介をお願いします。出身地はどちらですか?大学で何を勉強していますか?

嵯峨根:京都出身ですが、アメリカに幼少期に3年住んでいたことがあるので日本語と英語の両方を話します。大学では英語を専攻しています。

白水:福岡県出身で現在は上智大学で英語を専攻しています。

2HJについてはどのように知りましたか?なぜ2HJのボランティア活動に興味を持ちましたか?

嵯峨根:2HJについては大学の授業で知りました。海外でのボランティアをしていたので、国内のコミュニティのためのボランティアをしたいと思い、参加しようと思いました。

白水:大学でボランティア演習という授業を履修し、その時にセカンドハーベストのことを知りました。その授業ではボランティアを45時間以上しなければならなくて、学校に勧められたボランティア団体の中から、近いという理由でセカンドハーベストをなんとなく選びました。

過去にボランティアをした経験はありますか?

嵯峨根:カンボジアでのボランティアをやっていました。大学に入った2009年から毎年夏、合計3週間ほど中学生に自作のテキストを使って英語を教えるという活動をしていました。それはとても貴重な体験でした。

白水:ありません。

image
写真:嵯峨根さん

お二人の周囲にいる学生は、ボランティア活動の場を提供している団体についてよく知っていますか?ボランティア活動に対してどのような印象を持っていますか?

嵯峨根:私の周りの人達は日本国内でのボランティアより、海外に向けてのボランティアをしている団体のほうに興味があるように思います。また、ボランティアに対しては、やることに対しては嫌だとは思わないけれど、実際に行動に移すのは気が引けてなかなかできないと思っている人が多いように思います。

白水:日本ではボランティアに参加したことのない学生もたくさんいると思います。私の周りの友達でボランティアをしているという人は今までに数人ほどしか見たことがありません。ボランティアに興味がないというわけではなく、学校などでボランティア教育などがないため、ボランティアをしようという発想がないというのが現実だと思います。実際、友達にセカンドハーベストの話をすると、興味はあるようで参加したいという人もいます。

2HJの第一印象は?

嵯峨根:わたしの2HJの第一印象は「アットホーム」でした。最初に参加したときから、周りの人たちにすごく良くしていただいて、とても居心地がいいです。

白水:和気あいあいとしていてみんな仲良く楽しい感じだなあと思いました。ボランティアをしているというより、自分が楽しみに来ているような気分でした。

2HJのボランティア活動は何が一番楽しいですか?

嵯峨根:たくさんの人との出会えることです。本当に様々な背景を持つ人がたくさん集まっていて、話したりしているだけでとても楽しいです。

白水:様々な年齢、職業、国籍の方々と一緒にいろんなお話をしながら楽しく作業できるところがセカンドハーベストでボランティアをする一番の醍醐味だと思います。

image

大学を卒業したら、どのようなことをしたいですか?

嵯峨根:人と接することが好きなので、たくさんの人と出会える仕事に就きたいと思っています。また英語が話せるので、世界中の人と接することができる仕事を見つけられたらなお良いと思っています。

白水:今ちょうど就活中で、卒業後は企業で働きたいと思っています。そして、就職後も今と同じ月に1回ぐらいのペースでセカンドハーベストに来たいと思っています。

  • facebook
  • twitter
  • second harvest asia
東京2020:10万人プロジェクト