Activity 活動内容・実績

2HJの活動レポート

アメリカフードバンク事情第一回

  • 世界のフードバンク

2010/4/11

Farm to Family(“畑から家庭へ”)

フードバンクの本場アメリカにおける食料支援周辺の事情を連載でご紹介していきます。第一回目は、農産物を積極的に活用するカリフォルニアのフードバンクの事例をご紹介します。

カリフォルニアのフードバンクが連帯して、農家からの新鮮な野菜や果物を安定的に供給するシステムを構築しています。この連帯は、カリフォルニアフードバンク連盟(CAFB, California Association of Food Banks) と呼ばれ、都市部など担当地域に農家が少ないフードバンクなどにも安定的に野菜・果物を提供できるようにしています。

CAFBでは、2009年の農産品の総配布量を約36,000トンと見積もっています。(写真提供:CAFB)

このプログラムがスタートした背景としては、食品価格の高騰、失業率の増加があり、また同時にこれまでに缶詰やシリアルなどの加工食品を提供してくれていた食品メーカーが、サプライ・チェーン・マネジメントの一定の成果により、余剰になる食品が減り、結果としてフードバンクに対する食品寄贈も減ってきたというのがあります。フードバンクが提供できる食品の量と実際にワーキングプア世帯などに必要とされる食品の量の間の格差が広がり、それではと、全米各地のフードバンクで農家から多めに生産されたために市場性を失った野菜や果物を寄付してもらおうという動きが高まりました。そうした流れから、カリフォルニアでは農産品が非常に豊かに生産されているにも関わらず貧困層に充分にそうした食品が渡っていないことに着目して、2006年にCAFBがFarm to Family プログラム(“畑から家庭へ”プログラム)を始めました。

大まかな流れとしては、複数の農家において市場性のない農産物を収穫し(収穫にかかる人件費はフードバンクで負担する場合と農家が負担する場合がある)、包装工場にて仕分けされます。仕分けされたものは通常農家から寄贈としてフードバンクに提供されるか、キロあたり数円程度の格安で提供されます。農家もフードバンクを通じて生活が苦しい層を助けることに喜びを感じています。生産農家Van Groningen & Sons, Inc.のダン・バン・グロニンゲンさんは、収穫せずに畑に残した農産品のことを考えます。Farm to Familyプログラムがあるおかげで、「今はそうした農産品にも行くべき家があるので、収穫できます。支援を必要とする家庭にこうした食品が届けられるというのはうれしいものです。」1

Farm to Family プログラムでは、週にトラック約50台分の農産物がカリフォルニア各地のフードバンクに届きます。トラックでは、巨大な容器にいれて運搬され、フードバンク倉庫にてボランティアがそれらを袋に仕分けし、パントリー、炊き出しなどに配送されていきます。仕組みは一見シンプルですが、このプログラムは多くの人の参加がなくては成り立ちません。Farm to Family プログラムの創始者でサンフランシスコ・フードバンクの理事でもあるゲイリー・マックスワージーさんは、生鮮野菜を配給するプログラムに必要な条件として、「冷蔵スペース、また食品を仕分けするボランティアも必要です。さらに(引き取ってから)2、3日以内に配送できる能力もなければいけません」と言います。

CAFBの積極的な活動により、サンフランシスコ・フードバンクでは、取り扱い食料の約60パーセントが、アラミダ・カウンティー・コミュニティー・フードバンクでは、約50パーセントが野菜・果物となりました。5年前には、野菜・果物の占める割合は10パーセント以下だったことを考えると、驚くべき変化です。

生鮮野菜や果物はこのようなパントリーで手渡されます。また、健康的な食生活に関するリーフレットも配布されています。(写真提供:CAFB)

アメリカでは貧困地域の貧しい食生活が、高い肥満率につながっていると言われています 。2 そしてそれは、小さな子供たちにも及んでいます。このプログラムは、家計の苦しい家庭を経済的に助けるだけでなく、個人の健康面でも、栄養価の高い野菜や果物をきちんと食べられるようにする、という意味合いがあるのだと強く感じました。ロサンゼルス・リージョナル・フードバンクの事務局長マイケル・フラッドさんは、このプログラムは栄養価の高い食品をクライアントに届ける点で重要だと言います。クライアントは、「こうした食品へのアクセスが無い、もしくは食費にかける予算が充分なく手が出せない」のです。配給センターでインタビューを受けた女性のコメント「(このプログラムのおかげで)子供たちに健康的な食べ物をもっとあげられます」

全米フードバンクのネットワーク組織Feeding Americaの理事長であるビッキー・エスカラさんは、「充分に配給されていない生鮮品がほぼ無限に存在する」と述べ、画期的なソリューションとしてのFarm to Family プログラムを賞賛します。3 

日本の2HJにとって、農産品についてCAFBのような広範なネットワークはこれから先のことですが、このFarm to Family プログラムの存在が将来こうしたシステムを構築しようと思わせてくれます。

ご意見・ご感想をお寄せください。info@2hj.org にメールを送ってください。また、2HJの最新情報についてTwitterの2HJのアカウント(@2ndharvestjapan)もチェックしてください。

参考
1 インタビューの引用は、特定されている場合以外は、CAFBのウェブサイトビデオからです
2 American Journal of Clinical Nutrition, Vol. 79, No. 1, 6-16, January 2004
3 The New York Times, California’s Food Banks Go Locavore

  • facebook
  • twitter
  • second harvest asia
東京2020:10万人プロジェクト