Activity 活動内容・実績

2HJの活動レポート

第2回フードセイフティネット・フォーラムを開催しました

  • フードセーフティネット

2016/10/28

平成28年1027日に日本キリスト教会柏木教会で「第2回フードセイフティネット・フォーラム」を開催しました。

当日は50人を超える多くの方にお越しいただき、みなさんの食の支援活動への関心の高さがうかがえました。

img_0006

お金がなくてもすぐに必要な食べ物を手に入れることができる仕組み「フードセーフティーネット」。最近ではこども食堂やフードバンクの立ち上げなども増えていますが、まだまだ少ないのが現状です。

今回のフォーラムでは民間、行政、キリスト教会からそれぞれの食の支援への取り組みをお話しいただき、後半は少人数のグループに分かれて、食の支援活動をはじめたいと考えている方や自分が食のセーフティネットに対してどんなことが出来るのだろうかと考えている方など、みなさんの意見を交換しました

img_0008

第1回のフォーラムに参加されたのがきっかけでフードバンクや子ども食堂をはじめた方の活動内容の報告や、行政としてどのように連携を取って食のセイフティネットを構築していくか、などそれぞれの立場に立ったお話はとても興味深く、みなさん熱心に聞かれていました。

img_0010

池袋子ども食堂ボランティアスタッフ 村瀬恵美氏による民間の取り組み報告

img_0016

フードバンク板橋準備委員会 藤村行一氏による取り組み報告

img_0018

八王子市役所 生活自立支援課 遠藤治雄氏の行政による取り組み報告

img_0021

ウェスレー財団 藤守義光氏によるキリスト教会の取り組み報告

img_0026

ワークショップの様子

img_0027

ワークショップの様子2

ワークショップでは、各方面からの意見を交換することでさまざまな課題も見えて来ましたが、「次の世代にどういう社会を残していきたいかを考えて、できることを自分なりにやっていこう」というまとめになりました。

こども食堂やフードバンク、教会の支援など、食のセイフティネットは様々な形で実現できます。

今回のフォーラムでは、誰もが明日の食べ物の心配をせず、安心して暮らせる社会にするために、自分たちができることを改めて考える良い機会になりました。

  • facebook
  • twitter
  • second harvest asia
東京2020:10万人プロジェクト