Activity 活動内容・実績

2HJの活動レポート

【Press Release】浅草橋の事務所で食品をピックアップできる曜日を 週2回から週4回へ拡充

  • レポート

2017/7/5


 

報道関係各位

2017年7月5日

セカンドハーベスト・ジャパン

 

浅草橋の事務所で食品をピックアップできる曜日を

週2回から週4回へ拡充

給食のない夏休みに支援が必要な世帯にも利用を呼びかけ

日本初のフードバンク活動団体であるセカンドハーベスト・ジャパン(本部所在地:東京都台東区、以下2hj)は、このたび、浅草橋の事務所で必要な人に食品を直接お渡しする「パントリーピックアップ」の実施を、これまでの木曜日と土曜日の週2回から、火曜日と金曜日を加えた週4回に拡充しました。これにより、浅草橋で食品をお渡しできる世帯数が週に120から240に増える見込みです。

2hjでは、日本で少なくとも200万人以上の人がフードセキュリティを担保されない生活を送っていると見積もっていますが、そうした人たちにとって、食べ物に困った時にすぐに頼れる場所、駆け込める場所のひとつが、「フードパントリー(直訳では“食料を保管するスペース”、ここでは”食品の支援を提供する場所“の意味)」です。しかし、日本ではまだ認知度が低く、その数も諸外国と比較して絶対的に不足しているのが実情です。2hjでは現在、このフードパントリーで食品をお渡しする「パントリーピックアップ」の活動を浅草橋の事務所、国立市、埼玉県八潮市の拠点で実施しているほか、同様の活動をしている、あるいは今後やってみたいという他のNPOや教会などに対し、運営ノウハウや食品提供の面でのサポートを行っています。

利用者の口コミや行政機関からの紹介などで徐々に活動が知られるにつれ、フードパントリーの利用者は増えており、まずは寄贈食品の受け入れやスタッフ配置などの準備が整った浅草橋の拠点で実施曜日を増やすことになりました。これは、これまで「パントリーパッケージ(食品の詰め合わせを必要な人に発送する活動)」を利用している方たちに対しても、数日待たせることなく、必要な時にすぐに食品にアクセスできる環境を提供することにもなります。

また、4月より児童扶養手当をもらっているひとり親世帯への支援の拡充のため、児童扶養手当証書をご持参いただければ、年に6回利用できる仕組みとなりました。これによりひとり親世帯の方で必要な方たちへの利便性が向上しました。

2hjでは、引き続き自らのパントリーピックアップ活動を拡大するとともに、行政、社会福祉協議会、NPOなどと連携して、首都圏を中心にピックアップ拠点を増やしていく計画です。


 

<セカンドハーベスト・ジャパン パントリーピックアップ拠点リスト>

1.浅草橋事務所 (東京都台東区浅草橋4-5-1)

■アクセス:       JR・都営浅草線 浅草橋駅 徒歩5分、JR・日比谷線・つくばエクスプレス 徒歩8分

■日時:          毎週火曜日・木曜日・金曜日・土曜日 14:00~16:00 ※祝祭日、年末年始を除く

 

2.埼玉拠点(埼玉県八潮市浮塚311-2)

■アクセス:    つくばエクスプレス『六町駅』下車徒歩15分、JR・東京メトロ『綾瀬駅』よりバス15分

■日時 :        毎週土曜日 14:00~16:00 ※祝祭日、GW、夏季休暇、年末年始を除く

 

3. 【期間限定】 国立 銀風工房(東京都国立市東1-18-8 信和第一ビル 3階 302)

■アクセス:       国立駅南口から徒歩約5分

■日時:          2017年9月末まで、毎週月曜日 12:00~14:00

※祝祭日は除く 8月8日はお盆休み

 

<パントリーピックアップ 利用方法>

  • ・いずれの拠点にも、身分証明書、食品を持ち帰るための大きな鞄をお持ちください。(旅行鞄など、キャスターのついたものをお勧めします)
  • ・児童扶養手当受給している方は証書をお持ちください。
  • ・1回目のみ、紹介状無しで利用可能(過去の利用がない方のみ)です。
  • ・2回目以降は、当団体と連携関係にある近隣の行政窓口、社会福祉協議会、NPOなどの相談窓口から発行された紹介状が必要となります。
  • ・当団体と連携関係にある紹介状発行の相談窓口は1回目の来訪時にご案内します。
  • ・提供する食品は全て寄贈品であるため、特定の品目指定などの要望にはお応えできません。

 


【セカンドハーベスト・ジャパンについて】

セカンドハーベスト・ジャパン(2hj)は、日本でのフードセーフティネットの構築を目的とし、児童養護・母子支援・障害者支援等の福祉施設や生活困窮者などに食品の提供を行っています。フードセキュリティ(日常生活を送る為に、安全且つ栄養のある充分な食べ物を適切な手段により得られること)に欠く人々に充分な食べ物を提供するため、2hjは食品企業、行政機関、宗教団体やNPO法人などと連係し、食を通じた新しい社会作りを目指しています。

以上

 

<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>

セカンドハーベスト・ジャパン 広報担当:伊藤(TEL:090-2489-4480 / 03-5822-5371 Mail:PR@2hj.org)

 

<寄付・支援など一般の方からのお問い合わせ先>

セカンドハーベスト・ジャパン  〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-1 水田ビル1F

TEL: 03-5822-5371 / FAX: 03-5822-5372

お問い合わせ用メールアドレス、専用フォームなどはこちらから:http://www.2hj.org/contact/

  • facebook
  • twitter
  • second harvest asia
東京2020:10万人プロジェクト