Activity 活動内容・実績

2HJの活動レポート

第9回 フードバンクシンポジウム 2016 のお知らせ

  • イベント

2016/8/8

フードバンク運営マニュアル 研修会

9th Annual Food Bank Symposium 2016

アジアの革新的なフードバンク活動から
日本のフードバンクの未来を考える

今回第9回目となるフードバンクシンポジウムを今年も開催いたします。

現在、以下のプログラムを予定しております。本プログラム以外にも、質疑応答の時間も設け、ブース展示も予定しておりますので、ぜひご参加ください。

なお、プログラムは皆さまのご都合に合わせ、一部ご参加いただくことも可能です。

 

内容の詳細は、今後も随時本ページにてアップデートしてまいります。

 


 

日時: 2016年11月1日(火) 10:00~17:00 (開場9:30-)

場所: シャングリ・ラホテル東京 (東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館 27階)

参加費無料: 無料 (午前・午後のみの参加も可)

定員: 150名

申し込み締め切り: 定員に達し次第

申し込み方法: 参加をご希望の方は symposium@2hj.org へお名前(ふりがな)と、午前・午後のいずれかのみの参加をご希望の方はその旨もお送りください。

会議は日本語と英語での進行となりますので、同時通訳をご用意致します。

※会場内での飲食もしくはお持込はご遠慮いただいております。尚、会場内にはコーヒーサーバー等をご用意しております。

【プログラム内容】

Session 1: テクノロジーを駆使したフードバンクの可能性 (10:00〜12:30)
Food from the Heart (シンガポール), St.James’s Settlement (香港)、セカンドハーベスト・ジャパン(日本)がどのようなテクノロジーを駆使して、フードバンク活動を発展させようとしているのか、ご紹介致します。

 

昼休憩 (12:30〜14:00)

 

Session 2: 挑戦し、進化し続ける台湾のフードバンク (14:00〜15:30)
Association for Taiwan Food Banksの取り組み や 大手食品メーカーであるTaiwan Carrefour Foundation によるフードバンク活動への支援方法など、ユニークな取り組みの広がる台湾のフードバンク活動の現状が報告されます。

休憩(15:30-15:45)

Session 3 :フードセーフティネットの構築について (15:45〜17:00)
香港における貧困や食品の現状を The Hong Kong Council of Social Serviceから紹介いただき、第6回のフードバンクシンポジウム(2013)でアナウンスした、”2020年の東京オリンピックまでに世界に誇れるようなフードセーフティネットの構築”という私たちの目標を、今回、幾つかのモデルとと共に、食の支援を必要としている100,000人の人々へ食料を届けるプランを発表致します。

 

【ブース出展】

・Food from the Heart (シンガポール)

シンガポールにおけるパン屋さんのパン回収からはじまり、恵まれない人々に希望とすこしでも明るい瞬間を与えるために、食品の支援と、誕生日などの楽しいイベントを行なっており、幅広く活動をしている。https://foodheart.org/

・St.James’s Settlement (香港)

http://www.sjs.org.hk/en/front/front.php

 

・Association for Taiwan Food Banks(台湾)

 

・Carrefour Foundation(台湾)

 

・セカンドハーベスト・ジャパン

セカンドハーベスト・ジャパンの活動内容や新しく10月に改札されたセントラルキッチンについてご紹介いたします。

また、熊本地震での支援活動を現地で実際に活動をしていたスタッフから紹介いたします。

・公益財団法人セカンドハーベストジャパンアライアンス

 


 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

その他、ご質問等ございましたらsymposium@2hj.org までお問い合わせください。

 

  • facebook
  • twitter
  • second harvest asia
東京2020:10万人プロジェクト