About us セカンドハーベスト・ジャパンとは

セカンドハーベスト ジャパンの歴史

すべての人に、食べ物を。「もったいない」を「ありがとう」へ。日本初のフードバンクとして食の不均衡を見つめてきたセカンドハーベスト・ジャパンの歩みを振り返ります。この先の一歩一歩に、皆様との協力を誰かの笑顔へとつなげてゆけるよう、私たちは努力してまいります。

2000

炊き出しのための
連帯活動からスタート

2HJ(セカンドハーベスト・ジャパン)は、2000年1月に
炊き出しのために食材を集める連帯活動から始まる。

炊き出しのための連帯活動からスタート

2002

フードボート
(Food Bank Japan)という
名称で本格的な活動を開始

2002年7月に特定非営利活動法人となり、
本格的な活動を開始。
この頃は理事長チャールズの自宅が
食品倉庫の機能を兼ねていた。

フードボート(Food Bank Japan)という名称で本格的な活動を開始

2003

PABの定期会合が始まる

PAB (Professional Advisory Board) とは、
2HJの資金スポンサーによる諮問機関。
マネジメント、戦略、ファンドレイジングの観点からフードバンクに対する意見交換を行う。

東京・浅草橋に事務所を開設

2003年7月、現在にまで至る東京・浅草橋に
事務所を開設。

東京・浅草橋に事務所を開設

2004

セカンドハーベスト・ジャパン
に名称変更

このころに配送用車両の寄付、
後の2007年には冷凍車の寄付を受け、
食品の取り扱い量、種類の幅ともに拡大。

セカンドハーベスト・ジャパンに名称変更

2007

テレビ東京「ガイアの夜明け」で紹介

2007年3月27日放送回 タイトルは
「“余った食”のゆくえ ~消費期限 もうひとつの物語~」
捨てられるはずだった食品を有効に活用する日本初の
試みとして、2HJのフードバンク活動が紹介される。

2HJのメディア掲載情報についてはこちらをご覧ください。
>2HJの活動レポート

FABの定期会合が始まる

FAB(Food Advisory Board)とは、
2HJに関連する食品企業による食品委員会。
食品関連企業の観点からフードバンクに対する意見交換を行う。

2008

書籍にてフードバンクが紹介される

大原悦子著 「フードバンクという挑戦」で
2HJの取り組みが大きく取り上げられ、
それと共にフードバンクという言葉が
広く認知されるように。

2HJやフードバンク関連についての情報は
こちらをご覧ください。
>ライブラリー

2010

セカンドハーベスト・アジア設立

日本を含むアジアにおけるフードバンクの
発展を促進するミッションを掲げ、
2HJ理事長チャールズ・マクジルトンが中心となり
米国ミネソタ州にセカンドハーベスト・アジアを設立。

セカンドハーベスト・アジア設立

日本でのフードバンク活動が
10年の節目を迎える

日本でのフードバンク活動が始まり
10年目を迎えたこの年、
活動を支えてくださった企業や福祉施設、
団体やボランティアの皆様を招き、
10周年記念パーティを開催。

日本でのフードバンク活動が10年の節目を迎える

2011

東日本大震災発生支援活動を開始

2011年3月11日 14時46分
未曾有の被害を生んだこの出来事に
2HJはいち早く被災地へ赴く。
事務所がある浅草橋では帰宅困難者への炊き出しを実施。

東日本大震災支援について、
2HJがこれまでに行ってきた活動の詳細は、
こちらをご覧ください。
>2HJの東日本大震災における支援活動

東日本大震災発生支援活動を開始

PRアワードグランプリ
部門最優秀賞を受賞

2011年12月5日
社団法人 日本パブリックリレーションズ協会主催の「PRアワードグランプリ」において、
2HJがソーシャル・コミュニケーション部門で
14団体中、最優秀賞を受賞。
NPO自身が発表しての受賞は、
同アワードグランプリが2001年に
始まって以来、初めて。

PRアワードグランプリ部門最優秀賞を受賞

2012

フードバンク研修会(シンポジウム) 開催

2012年3月15日
“フードバンク:ゼロから今まで”と題し、
全国4箇所を巡っての研修会(シンポジウム)を開催。
日本におけるフードバンク活動の
現状と将来像について議論。

フードバンク研修会(シンポジウム) 開催

農林水産省との
フードバンク推進事業 実施

2012年1月~11月
平成23年度食品産業環境対策支援事業における、農山漁村6次産業化対策事業の一環で、
農林水産省からの補助金交付を受け
「フードバンク活動推進事業」を行う。

農林水産省とのフードバンク推進事業 実施

テレビ東京「ガイアの夜明け」
他メディア出演

食品の流通業界の商習慣である
3分の1ルール緩和の動きもあり、
NHK総合「特報首都圏」
テレビ朝日「モーニングバード」
他さまざまなメディアに露出。

QRコードを用いた
配送記録システム 開始

寄贈食品の配送記録作業効率化、
トレーサビリティ記録のため導入。
これにより寄贈企業に対する配送報告はもちろん、
地域ごとの配送件数や施設の種類ごとの食品供給量、
車輛の稼働率など様々なレポートを出力することが可能に。

QRコードを用いた配送記録システム 開始

企業とのCRMを強化

CRM(Cause Related Marketing)とは、
様々な社会問題に自社のブランド/サービスを
関連づけてキャンペーンを行い、経済的、
人的に支援することで結果として営業利益を
上げるマーケティング活動。
2HJでは企業との協力により飲料自販機を設置、これを初めて実践した。

2013

NHK「おはよう日本」にて
2HJの活動が紹介

2013年5月19日 あさ7時放送のNHK「おはよう日本」に、子どもの貧困のテーマで、2HJが食べ物をサポートしている団体として紹介。

NHK「おはよう日本」にて<br>2HJの活動が紹介

台風で甚大な被害を受けた
フィリピンの被災地支援実施

代表のチャールズを含めた2HJスタッフが現地視察で収集した情報を元に、救援物資がフィリピン・セブ島、レイテ島へ到着。
日本にある2HJ倉庫では支援物資の手配が行われ、ボランティアさんの協力が非常に大きな力となった。

フィリピンの被災地支援実施

2014

フードバンクのメディア露出が増加

NHK「あさイチ!」「News Watch 9」、NHK Eテレ「オイコノミア」で2HJの活動が取り上げられるなど、メディア露出が増える。

第一回食品産業もったいない大賞
局長賞受賞

2014年3月26日 農林水産省後援 第一回食品産業もったいない大賞 表彰式が内幸町のイイノホールで開催され、2HJは局長賞を受賞。

第一回食品産業もったいない大賞

日経ソーシャルイニシアチブ大賞 表彰式 にて
2HJがファイナリストとして選出

2015

東京都環境局主催
マッチングセミナー開催

2015年2月4日
東京都環境局の主催で、もったいない食品の寄贈に興味がある企業とフードバンクをつなげるマッチングセミナーが実施され、2HJは講演とフードバンクの現場として来場者の方々へ活動を紹介。

マッチングセミナー開催

神奈川倉庫が稼働を始める

2015年8月4日
神奈川県でのフードバンク活動強化のため大和市に倉庫を借り、寄贈食品の受け入れを開始。同県でのサービス向上と寄贈食品の団体の引き取りも順次拡大へ。

神奈川倉庫が稼働を始める

フードバンク運営マニュアル作成
各地で研修会を開催

農林水産省より食品企業からの信頼性向上させ、フードバンク活動団体の運営体制の整備推進を目的とした事業の委託を受け、2HJではフードバンク活動団体立ち上げから食品管理等の実際の運営までを網羅した詳細な運営マニュアルを作成し、その後研修会を東京・鹿児島・大阪・仙台にて開催。

フードバンク運営マニュアル作成開始

2016

フードバンク運営マニュアルが完成・公開

農林水産省から食品ロス削減等総合対策事業の一環として2HJはフードバンク運営マニュアル普及事業を受諾。
連携するフードバンク団体や食品提供企業様、また食品提供先の施設様のご協力を頂戴し、フードバンク運営マニュアルが完成。

■フードバンク運営マニュアル ダウンロードはこちら:
フードバンク運営マニュアル

熊本地震への支援対応

フードバンクかごしまを通じた熊本県庁からの支援要請を受け、本震が発生した4月16日に災害備蓄食品を中心とした支援物資を積んだ4トントラックで東京を出発し、4月17日に現地入りして支援活動を開始。

当初県の要請に応じて各市町村への物資の提供や支援物資の運搬に従事するも、震災の被害の大きさ、公的な救援活動だけでは被災者に十分な支援が行き届かない状況から、長期的な支援が必要と判断し2HJ熊本プロジェクトが立ち上がり2016年末まで現地で活動していくことを決定。

■熊本プロジェクトの活動の様子はこちら:
熊本プロジェクト 特設サイト

熊本地震への支援対応

8月18日、9月5日付け
朝日新聞朝刊にて2HJが紹介

2015年4月に生活困窮者自立支援制度が始まり、自治体でが支援窓口を設置されたことを背景に、新しいフードバンクの立ち上げや自治体と連携するフードバンクが増加。こうした流れの中で2HJの存在と活動が紹介される。

ハーベストセントラルキッチンが
オープン 2HJは新しいステージへ

2016年10月5日 学習支援施設や生活困窮者支援施設などに週約700食の食事を提供することを目標に開設し、同時に衛生面等での信頼を確実なものにするため、食品営業許可も取得。
オープン日には支援をしてくださった企業・団体様をお招きしセレモニーが開かれた。

ハーベストセントラルキッチン オープン

食品提供の企業・団体数が
1000を突破

2017

『東京2020:10万人プロジェクト』始動、
それに伴い埼玉県八潮市内の倉庫を稼働開始

2020年までに東京を中心に10万人がアクセスできる「フードセーフティネット」の構築を目標とする『東京2020:10万人プロジェクト』を本格的に始動。その皮切りとして、子供の未来応援基金* の支援を受け、1月に新たに埼玉県八潮市内に倉庫を稼働させる。

*子どもの貧困対策に取り組むために内閣府、文部科学省、厚生労働省および日本財団が推進する「子供の未来応援国民運動」の一環として、平成27年10月より日本財団に設置された基金

■10万人プロジェクトについて詳しくはこちら:
東京2020:10万人プロジェクト

『東京2020:10万人プロジェクト』始動

新しい形の子ども食堂
「Kids Café」オープン

2017年3月28日 台東区浅草橋の2HJ事務所すぐそばに食事提供、学習支援、体験・交流プログラムなどが無料で利用可能なKids Café(キッズカフェ)をオープン。
子どもたちの成長を応援するコミュニティスペースとしての役割を果たし、子ども食堂の新たなモデルになることを目指す。

■ Kids Café webサイトはこちら:
Kids Café

「Kids Café」オープン

15周年記念会を開催

2017年4月16日 2002年に法人格化してから今年で15周年を迎え、これまでご支援いただいた企業、団体、ボランティアさん、そして過去に2HJにおいて働かれていたOB・OGにお越し頂き記念会を開催。
代表のチャールズは冒頭の挨拶にて、15年に及ぶ歩みは多くのステークホルダーとの信頼関係と対等関係によって築き上げることができたと語った。

15周年記念会を開催

第10回フードバンクシンポジウム開催

2017年10月16日 シンポジウムでは10万人プロジェクトの紹介をはじめ、余剰食品を活用したフードセーフティネット構築に関する公募アイデアのプレゼンテーション、企業や団体からの事例紹介、専門家を交えたパネルディスカッションを実施。
「食べることに困ったとき、頼れる場所が当たり前のようにある社会」を目指すために、私たちに何ができるのかを来場者と共有。

■10万人プロジェクトについて詳しくはこちら:
東京2020:10万人プロジェクト

第10回フードバンクシンポジウム開催

テレビ東京 カンブリア宮殿に
チャールズが出演し活動を紹介

2017年12月14日放送回に「もったいない」を「ありがとう」に変える奇跡の食料支援 というタイトルで、テレビ東京 カンブリア宮殿に代表のチャールズが出演。
生い立ちや来日後のエピソードを交え、2HJの活動が紹介された。

2018

2HJが「認定NPO法人」の認定を取得

平成30年4月11日付で所轄庁である東京都より、認定特定非営利活動法人(認定NPO法人) としての認定を受ける。

認定取得により2HJへの寄付について、寄付金控除(個人)や損金算入限度額の枠の拡大(法人)、相続財産の非課税といった税制上の優遇措置が受けられるようになった。

■認定NPO取得に関する詳細はこちら:
http://2hj.org/cert_npo/

  • facebook
  • twitter
  • second harvest asia
東京2020:10万人プロジェクト